ニワウルシの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ニワウルシ( Ailanthus altissima)

ニワウルシの特徴

ニワウルシの科名・属名

ニガキ科ニワウルシ属

 

ニワウルシの和名由来

庭に植えるウルシの意。

 

ニワウルシの学名由来

「Ailanthus」=天の樹を意味する。
「altissima」=非常に高いの意。樹高から。

 

ニワウルシの別名

シンジュ

 

ニワウルシの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄異株

 

ニワウルシの分布

中国原産。北米中部に自生。

 

ニワウルシの葉の特徴

奇数羽状複葉で葉の付き方は互生。
葉身の長さは90㎝に及ぶこともある。
小葉は6~12対で、大きさは8~10㎝程度。
小葉の形は卵状被針形または長卵形。
縁は基部近くに1~3個の鋸歯があり、葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で光沢があり、裏は淡緑色。

 

ニワウルシの花の特徴

6月頃、緑白色の花弁が4裂した小花を付ける。
花の付き方は円錐花序。

 

ニワウルシの実、種子の特徴

9~10月頃に果実は赤くなる。

 

ニワウルシの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰白色~灰黒色で、皮目が隆起する。
老木になると不規則に浅くひび割れる。

 

 

ニワウルシの育て方

ニワウルシの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ニワウルシの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ニワウルシの管理方法

成長が早く、大きくなるため庭には向かない。
陽樹のため日向を好むが、日陰にも耐える。
耐潮性があり、砂質の土壌に耐えるが、湿度に弱い。

 

ニワウルシの病虫害

・シンジュサン(神樹蚕)
ガの一種で、成虫は褐色を帯び、桃色の斑がある。
幼虫は初め淡黄色で、後に白緑色になり、青みを帯びる。
年二回発生で、蛹で越冬する。
成虫は6月と8月に現れ、幼虫は7月~10月に現れる。
老熟幼虫は葉を巻いて繭を作る。
加害葉ごと捕殺して防除する。

 

ニワウルシの豆知識

山野に自生し、庭木にはあまり使われない樹木。

ウルシに葉が似ているためウルシの名を冠しているが、
別種のため樹液でかぶれることはない。

中国原産で、日本には明治10年(1877年)頃に渡来した。

英名は「tree of heaven」。

材は車軸や建築材に用いられる。
パルプ用材としても有用。

害虫であるシンジュサンはカイコの一種で、
天然飼育するために用いられることもある。

根皮や樹皮は血圧降下の作用があり、
収斂剤として用いられる。

 

コメント