香川県の善通寺に行ってきました【桜前線追いかけ隊】

雑記

どうもカントーです。

本日は桜前線追いかけ隊の企画で、
香川県の善通寺に行ってきました。

お目当てのサクラはこちら!

‘涅槃桜(ねはんざくら)’!!

正式和名はショウジョウジザクラです。

このサクラはカンザクラという種類と、
シナミザクラという種類の交配品種だと言われています。

カンザクラ、シナミザクラ共に早咲きのため、
この涅槃桜もソメイヨシノよりは
早く開花する性質を持っています。

 

ちなみにこの涅槃桜の特徴は、
香りがものすごく良い!

近づかなくてもサクラの香りがしてきます。

サクラはそもそも香りは強くないので、
涅槃桜はサクラの中でも珍しい部類になります。

 

ちなみにサクラ特有の香りの正体は、
‘クマリン’という成分です。

このクマリンという成分の含有量が多いと
サクラの香りがするようになります。

 

今回見てきた涅槃桜はあまり太くなかったので、
目立った腐朽菌の害は見られませんでした。

しかし、コスカシバ(ガの幼虫)の害だと思われる食害痕が!

穿孔性の虫害を受けると、
腐朽菌が侵入しやすくなるため
病気になるリスクが高くなってしまいます。

穿孔性の害虫には、
病害痕に注入するタイプの薬剤が市販されているので、
それを使って対処します。

庭のモミジやサクラにも幹に穴が開いていたら
必ず殺虫剤をしてあげてください。

 

今回の香川県で計14県のサクラを見てきましたが、
早咲きのサクラは病虫害に対して「優秀」な印象を持ちました。

まだ若い樹木が多いことも起因しているかもしれませんが、
目立った幹の腐朽などは見られず、
また、枝葉が弱っている個体も少なかったように感じます。

特に陽光という品種は病虫害に強いとの報告があるので、
もっと多くの場所に植えた方が良いのではないかと思います。

 

残り33都道府県!頑張っていきたいと思います。

ではまた。

コメント