ウリハダカエデの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ウリハダカエデ( Acer rufinerve)

ウリハダカエデの特徴

ウリハダカエデの科名・属名

ムクロジ科カエデ属

 

ウリハダカエデの和名由来

幹が青く、ウリの様であること。

 

ウリハダカエデの学名由来

「Acer」=裂ける の意。

 

ウリハダカエデの別名

特になし

 

ウリハダカエデの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ウリハダカエデの分布

屋久島以北の山地

 

ウリハダカエデの葉の特徴

葉の付き方は対生。
葉身の長さは6~15㎝で、葉の形は掌状で浅く3裂する。
縁は不揃いな鋸歯があり、葉先は尾状に尖る。
葉の表は濃緑色で、葉脈上にわずかに毛がある。
裏は緑白色で脈腋と掌状脈の基部に毛が密生する。
秋には鮮やかに紅葉する。

 

ウリハダカエデの花の特徴

5月頃、枝先に花序を付ける。
花の色は淡黄色~黄緑色。

 

ウリハダカエデの実、種子の特徴

9~10月頃にプロペラ状の緑色の実を付ける。
秋には褐色に熟す。

 

ウリハダカエデの樹皮、枝の特徴

樹皮は緑色で黒い縦筋の模様が入る。
菱形の皮目が目立つ。
樹齢が経つと樹皮の色は灰色になっていき、
皮目も目立たなくなっていく。

 

ウリハダカエデの育て方

ウリハダカエデの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ウリハダカエデの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ウリハダカエデの管理方法

成長速度は普通~速い。
大きくなるため、広い庭に向く樹種。
日向~半日陰を好み、湿度が高い場所が適地。

 

ウリハダカエデの病虫害

・カミキリムシの仲間
ゴマダラカミキリの食害にあうことが多い。
成虫の捕殺が効果的。
成虫発生期、または発生前に樹幹に散布する農薬もある。

・モミジニタイケアブラムシ
体長は2~3mmで暗赤褐色をしている。
4月頃に新芽から吸汁加害するし、すす病を誘発する。
剪定で風通しのいい樹形を確保することや適用農薬の散布で対応する。

 

ウリハダカエデの豆知識

大きくなるので庭木にはあまり使われないが、
紅葉がきれいな樹種。

樹皮は縄や蓑に使われる。

材は器具材や家具材に用いられる。
東北ではこけしづくりに使われる。

幹からはメイプルシロップが採れる。

 

コメント