モクゲンジの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

モクゲンジ( Koelreuteria paniculata)

モクゲンジの特徴

モクゲンジの科名・属名

ムクロジ科モクゲンジ属

 

モクゲンジの和名由来槵

ムクロジの漢名「木槵子」の誤引が由来。

 

モクゲンジの学名由来

「Koelreuteria」=ドイツの植物学者J.G.Koelreuterが由来。
「paniculata」=円錐花序の の意。

 

モクゲンジの別名

センダンバノボダイジュ

 

モクゲンジの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

モクゲンジの分布

本州の日本海側、朝鮮半島、中国

 

モクゲンジの葉の特徴

葉の付き方は互生で奇数羽状複葉。
葉身は25~35㎝程度。
小葉は7~15枚で、葉身の長さは4~10㎝で卵形。
縁は不揃いの粗い鋸歯があり、葉先は尖る。
葉の表は緑色、裏は淡緑色で脈上に毛がわずかにある。
秋には黄葉する。

 

モクゲンジの花の特徴

雌雄異花。
夏、黄色の小さな花を円錐花序状に付ける。
円錐花序の中に雌花と雄花が混在する。

 

モクゲンジの実、種子の特徴

ホオズキのような袋に入った実を付ける。
中には一室につき2個の種子が入っている。

 

モクゲンジの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰黒色で縦にひび割れる。

 

モクゲンジの育て方

モクゲンジの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

モクゲンジの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

モクゲンジの管理方法

大きくなるので庭木には向かない。
日向~半日陰を好む。
耐寒性はあるが、関東以南の植栽が好ましい。

 

モクゲンジの病虫害

・特になし

 

モクゲンジの豆知識

大きくなるので庭木にはあまり使われないが、
黄葉がきれいな樹種。

種子を数珠に使用したことから、
菩提樹の代用木として寺院によく植えられる樹種。

もともとは中国原産であり、
多くは古くに渡来した栽培種だが、
一部の野生種は海流によって種子が運ばれ、
日本海に漂流した説がある。

コメント