グミ ‘ギルトエッジ’の特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

グミ ‘ギルトエッジ’( Elaeucarpus × ebingei  ‘Gilt Edge)

ギルトエッジの特徴

ギルトエッジの科名・属名

グミ科グミ属

 

ギルトエッジの和名由来槵

品種名の転用。

 

ギルトエッジの学名由来

「Elaeagnus」=「elaia オリーブ」+「agonos セイヨウニンジンボク」。
オリーブの実とセイヨウニンジンボクの葉に似ることが由来。

 

ギルトエッジの別名

特になし

 

ギルトエッジの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ギルトエッジの分布

園芸品種

 

ギルトエッジの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は5~10㎝程度で長楕円形。
縁は全縁で、少し波打つ。
葉先は鋭頭または円頭。
葉の表は濃緑色で光沢があり、
葉の縁に黄色い斑が入る。
裏は灰茶褐色。

 

ギルトエッジの花の特徴

11~12月頃に葉腋から短い柄のある
淡黄色の花が下垂する。

 

ギルトエッジの実、種子の特徴

未確認。

 

ギルトエッジの樹皮、枝の特徴

枝は灰色~灰褐色。

 

 

ギルトエッジの育て方

ギルトエッジの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ギルトエッジの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ギルトエッジの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでも耐える樹種。
耐寒性も強い。
地際や主幹から萌芽がよく出るので、
元から抜くようにして剪定する。
刈込剪定にも耐える。

 

ギルトエッジの病虫害

・特になし。

 

 

ギルトエッジの豆知識

洋風の庭によく使われる低木。
耐潮性、耐寒性があり、刈込にも耐えるので
扱いやすい樹種。

グミの仲間だが、実は確認されていない。

ナワシログミとオオバグミの交雑品種。

 

コメント