ジンチョウゲの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ジンチョウゲ ( Daphne odora )

ジンチョウゲの特徴

ジンチョウゲの科名・属名

ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属

 

ジンチョウゲの和名由来槵

花の香りを沈香と丁字の花の香りに例えたことから。

 

ジンチョウゲの学名由来

「Daphne」=ギリシャ神話に出てくるニンフ、
ダフネに由来したゲッケイジュのラテン名。
葉が似ていることから。
「odora」=芳香のある の意。

 

ジンチョウゲの別名

チョウジグサ、ハナゴショウ

 

ジンチョウゲの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄異株

 

ジンチョウゲの分布

中国原産

 

ジンチョウゲの葉の特徴

葉の付き方は互生。
葉身は5~10㎝程度で倒披針形。
縁は全縁で、葉先は尖る。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は黄緑色。

 

ジンチョウゲの花の特徴

春に枝先に萼が4裂した花を多数付ける。
萼の色は淡紅色で花弁はない。

 

ジンチョウゲの実、種子の特徴

雌木は結実する。
日本で流通しているジンチョウゲは
ほぼ雄木。

 

ジンチョウゲの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰色。

 

 

ジンチョウゲの育て方

ジンチョウゲの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ジンチョウゲの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ジンチョウゲの管理方法

成長は遅く、育てやすい常緑低木。
耐潮性があり、海岸近くでも耐えることがある。
枝が混むので定期的に透かし剪定すると良い。
移植を極端に嫌うので、やむを得ず行う場合は
根鉢を大きくすると良い。

 

ジンチョウゲの病虫害

・モザイク病
数種のウイルスが同時感染していることが多い。
感染すると針葉が展開し終わった後、
緑色の斑紋がモザイク状に現れる。
奇形や黄化を伴うこともある。
アブラムシや土壌線虫によって媒介される。
対処法は確立されておらず、
病状が出た株は速やかに処分する。

 

ジンチョウゲの豆知識

和風庭園の低木によく使われる樹種。
花の芳香が良く、花木にも用いられる。

葉に黄色い斑が入る斑入りジンチョウゲや
花が白い白花ジンチョウゲなど品種に富む。

花は日干しにして煎じ、のどが痛い時に用いた。

 

コメント