シマサルスベリの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

シマサルスベリ ( Lagerstroemia subcostata )

シマサルスベリの特徴

シマサルスベリの科名・属名

ミソハギ科サルスベリ属

 

シマサルスベリの和名由来槵

島に生えるサルスベリの意。

 

シマサルスベリの学名由来

「Lagerstroemia」=M・V・ラゲルストロームにちなむ。

 

シマサルスベリの別名

アカブラ、タイワンサルスベリ

 

シマサルスベリの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

シマサルスベリの分布

九州(種子島、屋久島、奄美諸島)、沖縄、台湾

 

シマサルスベリの葉の特徴

葉の長さは5~10㎝程度の卵状長楕円形。
縁は全縁で、葉先は鋭頭~鈍頭。
葉の両面とも緑色。
葉裏は主脈の腋に毛が生える。
葉は右、右、左、左と互生する。
これをコクサギ型葉序という。

 

シマサルスベリの花の特徴

6~8月にかけて円錐花序を出す。
花色は白色。

 

シマサルスベリの実、種子の特徴

果実は楕円形のさく果を付ける。

 

シマサルスベリの樹皮、枝の特徴

全体の樹皮がはがれ、滑らかになる。
白色~褐色の斑模様となる。

 

 

シマサルスベリの育て方

シマサルスベリの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

シマサルスベリの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

シマサルスベリの管理方法

耐潮性があり、海岸近くでもよく育つ樹種。
サルスベリよりも病害に強い。
陽樹のため、植樹場所は日向を好む。
耐寒性は弱く、北限は関東地方。
徒長枝が縦によく伸びるため、
枝を元から間引くように
透かし剪定をして樹形を保つと良い。

 

 

シマサルスベリの病虫害

・褐斑病
罹患すると、葉に1~2㎜の小さな角形の病斑が生ずる。
やがて肥大化して不整形となり、
病斑の表裏に灰褐色ないし暗緑色の
すす状のカビが発生する。
病状が進むと罹病葉は落葉する。
降雨によって感染が広がると報告があるが、
詳しい生態は分かっていない。
落葉した葉は集めて焼却処分する。
感染が酷い場合は登録された
殺菌剤を散布して対応する。

 

シマサルスベリの豆知識

公園などによく植えられる樹木。
サルスベリよりも高くなるため、
庭に植える場合は覚悟が必要。

うどんこ病に強い為、
サルスベリの品種改良の片親として
よく用いられる。

 

コメント