ユーカリの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ユーカリ ( Eucalyptus globulus )

ユーカリの特徴

ユーカリの科名・属名

フトモモ科ユーカリノキ属

 

ユーカリの和名由来槵

学名の転用。

 

ユーカリの学名由来

「Eucalyptus」=「eu 良い」+「calyptos 被う」の意。
乾燥地帯を緑で覆うため。

 

ユーカリの別名

特になし

 

ユーカリの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ユーカリの分布

オーストラリア

 

ユーカリの葉の特徴

葉身の長さは6~12㎝で披針形。
縁は全縁で葉先は鋭く尖る。
葉の表は緑色で、裏は帯白緑色。

 

ユーカリの花の特徴

夏頃、葉腋に緑白色の花を付ける。

 

ユーカリの実、種子の特徴

倒卵状で表面のざらついた果実を付ける。

 

ユーカリの樹皮、枝の特徴

全体の樹皮がはがれ、粗い表面になる。
色は灰褐色~褐色。

 

 

ユーカリの育て方

ユーカリの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂質壌土

 

ユーカリの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ユーカリの管理方法

日本に入ってきている樹種は
湿地に耐える樹種なので、
適度な潅水が必要。
根が浅いので、地上部のボリュームは
剪定管理をして軽くしてあげると
倒木のリスクを低減できる。

 

ユーカリの病虫害

・特になし

 

ユーカリの豆知識

世界各地で公園や造林の
有用樹種として用いられている。

材は建築や船舶に使われる。

葉を蒸留して作るユーカリ油は
シネオールなどの成分を含み、
薬や香料などに用いる。

日本には明治10年頃に渡来した。

ユーカリとはユーカリ属の総称で、
300種以上が報告されている。
コアラはこのうちの12種類しか食べない。

 

コメント