ネジキの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ネジキ ( Lyonia ovalifolia)

ネジキの特徴

ネジキの科名・属名

ツツジ科ネジキ属

 

ネジキの和名由来

幹が捩れることから。

 

ネジキの学名由来

「Lyonia」=アメリカの植物学者J・リヨンに因む。
「ovalifolia」=広楕円形の葉の の意。

 

ネジキの別名

カシオシミ、カシオスミノキ

 

ネジキの分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ネジキの分布

岩手、山形以南~九州の山地

 

ネジキの葉の特徴

葉は互生する。
葉の長さは4~10㎝程度の卵形または長卵形。
葉縁は全縁で波打つ。
先端はよじれながら尖る。
葉表は緑色で毛が散生し、
裏は淡緑色で葉脈の毛が目立つ。
秋には紅葉する。

 

ネジキの花の特徴

前年枝の葉腋から総状花序を出し、
スズランに似た壺形の花を付ける。

 

ネジキの実、種子の特徴

球形の果実が褐色に熟す。
熟すと5裂して種子が飛び出す。

 

ネジキの樹皮、枝の特徴

樹皮は灰褐色~茶褐色。
枝は若いうちから縦に浅く割れる。

 

 

ネジキの育て方

ネジキの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ネジキの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ネジキの管理方法

日向~半日陰を好む樹種。
自然樹形がきれいで株立ち状になるため、
剪定は株元から抜くようにして、
枝の剪定は樹形を崩れるため極力避ける。
移植は厳冬期を避けた冬場に行うと良い。

 

ネジキの病虫害

・セスジコナカイガラムシ
雌成虫の体長は3.5~5㎜程度。
紫褐色で全体が白色粉状の蝋物質で覆われている。
年一回発生で、5~6月頃に幼虫が発生する。
幼虫発生期に登録された農薬を散布する。

 

 

ネジキの豆知識

和風の庭や雑木の庭で使われる樹木。
自然樹形がきれいで紅葉も鮮やか。

材は堅く緻密な為、
櫛や細工物に用いられる。

ネジキの木炭は漆器の研磨に使われる。

葉は有毒物質を含み、
口にすると胃腸炎や痙攣、神経麻痺を起こす。

 

コメント