シマトネリコの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

シマトネリコ( Fraxinus griffithii )

シマトネリコの特徴

シマトネリコの科名・属名

モクセイ科トネリコ属

 

シマトネリコの和名由来

島に生えるトネリコの意。

 

シマトネリコの学名由来

「Fraxinus」=西洋トネリコのラテン古名。

 

シマトネリコの別名

タイワンシオジ

 

シマトネリコの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

シマトネリコの分布

沖縄、台湾、中国、フィリピン、インド

 

シマトネリコの葉の特徴

葉は対生で奇数羽状複葉。
小葉の葉身は3~10㎝の長楕円形。
葉先は細長く尖り、葉縁は全縁。
葉の表は濃緑色で光沢があり、裏は淡緑色。

 

シマトネリコの花の特徴

初夏に円錐花序を付ける。
花の色は白色~クリーム色。

 

シマトネリコの実、種子の特徴

秋に薄い翼果を付ける。

 

シマトネリコの樹皮、枝の特徴

枝は緑色で平滑。
後に木質化して灰色~灰白色、
または灰褐色になる。

 

 

シマトネリコの育て方

シマトネリコの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
砂壌土

 

シマトネリコの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

シマトネリコの管理方法

成長が旺盛な樹木なので、
定期的な剪定管理が必要。
自然樹形がきれいなので、
透かし剪定をして樹形を整える。
下枝は一度切ると
吹いてこないことがあるので
切るときには注意が必要。
耐潮性があり、砂質の土壌や海岸近くでも
比較的よく育つ。
耐寒性が低く、関東以南の平地が北限。
寒波で葉が茶色くなることがあるが、
春になると芽吹く。
植木屋はこれを半落葉と呼んでいる。
病虫害には比較的強いが、
樹皮をカブトムシに
食べられてしまうことがある。

 

シマトネリコの病虫害

・特になし

 

 

シマトネリコの豆知識

洋風の庭で近年人気の樹木。
葉が密にならないので、
爽やかな樹形を楽しめる樹木。
大きくなるので植栽場所は注意が必要。

板橋区など、シマトネリコの植栽を
条例で禁止している自治体もあるので
植える際はよく調べる必要がある。

 

 

コメント