ネズミモチの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ネズミモチ( Ligustrum japonicum )

ネズミモチの特徴

ネズミモチの科名・属名

モクセイ科イボタノキ属

 

ネズミモチの和名由来

果実がネズミの糞に、
葉がモチノキに似ているため。

 

ネズミモチの学名由来

「ligustrum」=縛るの意。
この樹木の枝で物を縛ったことから。
「japonicum」=日本の の意。

 

ネズミモチの別名

タマツバキ、ネズモチ

 

ネズミモチの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

ネズミモチの分布

関東以西~沖縄の海岸沿い

 

ネズミモチの葉の特徴

葉は対生。
葉身は4~8㎝の長楕円形。
葉先は尖り、縁は全縁。
葉の表は濃緑色で光沢があり、
裏は淡緑色。両面とも無毛。

 

ネズミモチの花の特徴

6月頃に円錐花序を形成し、
白色の小花を密に付ける。

 

ネズミモチの実、種子の特徴

秋頃、球形の果実が黒熟する。

 

ネズミモチの樹皮、枝の特徴

枝や幹は灰色~灰褐色。
幹の表面は平滑で、皮目の粒が
ところどころ隆起する。
樹皮は不規則に剥がれる部分がある。

 

 

ネズミモチの育て方

ネズミモチの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ネズミモチの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ネズミモチの管理方法

どこにでも生えてくる強健な樹種。
耐潮性があり、海岸近くでも育つ。
大気汚染にも強い。
刈込にも耐える。
成長が早いので、定期的な剪定が必要。

 

ネズミモチの病虫害

・斑紋病
罹病すると葉に3㎜程度の茶~茶褐色の斑点が生じ、
周囲は黒褐色になる。
後に肥大化し、輪紋を呈する。
病原菌は病斑で越冬する。
発病部を確認したら切除、処分する。
また、発病樹の落葉も集積し、処分する。

 

ネズミモチの豆知識

公園や街路、工場緑化で使われる樹木。
刈込に耐えるため、
生垣としても用いられる。

熟果を日干ししたものを女貞(じょてい)と言い、
強壮剤として用いる。

ネズミモチの煮た葉は腫物に
塗布するのに使われた。

 

コメント