オリーブの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

オリーブ( Olea europaea )

オリーブの特徴

オリーブの科名・属名

モクセイ科オリーブ属

 

オリーブの和名由来

英名のoliveから。

 

オリーブの学名由来

「Olea」=油質のの意。
「europaea」=ヨーロッパの の意。

 

オリーブの別名

ホルトノキ、カンラン

 

オリーブの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

オリーブの分布

北アフリカ、地中海沿岸

 

オリーブの葉の特徴

葉は対生。
葉身は2.5~6㎝の披針形。
葉先は尖り、縁は全縁。
葉の表は灰緑色で、裏は灰淡緑色。
両面とも鱗状毛が散生する。

 

オリーブの花の特徴

5月頃から黄白色の小花を付ける。
花弁は4枚で芳香がある。

 

オリーブの実、種子の特徴

秋頃、楕円形の果実が黒熟する。

 

オリーブの樹皮、枝の特徴

枝や幹は灰色~灰緑色。
幹の表面は平滑だが、
老木になるとひび割れてくる。

 

 

オリーブの育て方

オリーブの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

オリーブの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

オリーブの管理方法

乾燥や潮風に強い樹種。
苗は耐寒性に乏しい為、
植樹場所によっては養生が必要。
徒長が伸びやすい為、
定期的な剪定が必要。

 

オリーブの病虫害

・オリーブアナアキゾウムシ
日本在来の昆虫で、
成虫の体長は10~20㎜程度。
体色は薄い茶色と黒が入交り、
粒状の隆起が背面全体に見られる。
夏場に活発に幹を食害し、
樹幹内に産卵する。
防除は定期的な剪定で風通しを良くする。
また、枯れ葉にも潜伏するため、
幹元の枯れ葉は処分する。
被害が現れたら登録農薬を適量散布する。

 

 

オリーブの豆知識

洋風の庭で大人気の樹種。
病虫害、耐潮性、乾燥にも強く
育てやすい。

実からは油が採れる。
オリーブ油は古代ローマ時代から
食用、医薬品、化粧品、
灯油として用いられた。
未熟の果実は主に酢漬けにして
食用される。

材は細工物に用いられる。

葉は豊穣や平和のシンボルとして
装飾に用いられる。

紀元前3000年頃にはシリア地方で
栽培が始まっていたとされる。

日本に渡来したのは1861~1864年
だと言われている。

花言葉は「平和」。

ギリシャの国花。

香川県の県木、県花。

コメント