テイカカズラの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

テイカカズラ( Trachelospermum asiaticum )

テイカカズラの特徴

テイカカズラの科名・属名

キョウチクトウ科テイカカズラ属

 

テイカカズラの和名由来

藤原定家の墓にまとう葛の意。

 

テイカカズラの学名由来

「Trachelopermum」=「tracheros 首」+「sperma 種子」。
種子がくびれているという意。
「asiaticum」=アジアの の意。

 

テイカカズラの別名

マサキノカズラ、チョウジカズラ

 

テイカカズラの分類

広葉樹・常緑樹・雌雄同株

 

テイカカズラの分布

本州~九州の山野

 

テイカカズラの葉の特徴

葉は対生。
葉身は3~7㎝の楕円形。
若木はの葉身は1~2㎝と小さい。
葉先は尖り、縁は全縁。
葉の表は緑色または濃緑色で、光沢がある。
裏は粉白緑色。両面とも無毛。
ちぎると白い液が出る。

 

テイカカズラの花の特徴

5月頃から白色の小花を付ける。
細い花筒があり、花先は5裂する
花の色は段々と黄白色になる。
独特の芳香がある。

 

テイカカズラの実、種子の特徴

絹糸のような束毛が付いた
細長い種子を付ける。

 

テイカカズラの樹皮、枝の特徴

枝はつる性で、若いつるは緑色、
木質化すると茶褐色になる。

 

テイカカズラの育て方

テイカカズラの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

テイカカズラの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

テイカカズラの管理方法

耐潮性があるため海岸近くでも植えられる。
病虫害にも強い強健な樹種。
北海道南部位までは寒さに耐える。
良く伸びる性質だが剪定には強い為、
定期的に伸びた蔓を短くする。
花の芳香が良いため、
花後の剪定が好ましい。

 

テイカカズラの病虫害

・特になし。

 

テイカカズラの豆知識

洋風の庭で人気の樹種。
病虫害、耐潮性が強く育てやすい。
ブロック塀やフェンスに絡ませて
生垣のように仕立てられる。
グランドカバーとしても用いられる。

茎や葉を乾燥させたものを
漢方で絡石といい、
解熱剤や強壮剤として利用される。

花言葉は「依存」、「栄誉」、
「優美な女性」など。

アメリカでは花の形から
スタージャスミンと呼ばれている。

 

 

コメント