ムラサキシキブの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

ムラサキシキブ( Callicarpa japonica )

ムラサキシキブの特徴

ムラサキシキブの科名・属名

クマツヅラ科ムラサキシキブ属

 

ムラサキシキブの和名由来

紫色のキレイな実を紫式部になぞらえて。

 

ムラサキシキブの学名由来

「Callicarpa 」=ギリシャ語で美しい果実 の意。
「japonica」=日本の の意。

 

ムラサキシキブの別名

ミムラサキ、タマムラサキ

 

ムラサキシキブのその他分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

ムラサキシキブの分布

北海道~沖縄の山野

 

ムラサキシキブの葉の特徴

葉は6~13㎝の楕円形または長楕円形。
葉の付き方は対生。
縁は細かい鋸歯があり、
葉先は長く尖る。
葉の表は緑色で、裏は緑色~淡緑色。
葉の裏には黄色味を帯びた腺点がある。

 

ムラサキシキブの花の特徴

6月頃に葉腋から集散花序を付ける。
花色は薄紫色。

 

ムラサキシキブの実、種子の特徴

球形で紫色の小さな果実が付く。

 

ムラサキシキブの樹皮、枝の特徴

枝は細く、株立ち状になる。
枝の色は灰色~灰褐色。

 

 

ムラサキシキブの育て方

ムラサキシキブの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

ムラサキシキブの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

ムラサキシキブの管理方法

低木で管理のしやすい樹種。
枝が混んできたら元から抜き、
自然樹形を保つように剪定する。
移植や剪定の適期は
落葉してから3月ぐらいまでの間。

 

ムラサキシキブの病虫害

・角斑病
罹病すると葉に不規則多角形の病斑が発生する。
病斑は褐色~赤褐色ですす状のカビに覆われ、
病斑上には黒色の小さい粒が散生する。
発病すると早期落葉する。
発生や生態については明らかにされていないが、
発病葉は除去、処分し、
落葉も集積して処分する。

 

 

ムラサキシキブの豆知識

雑木の庭や和風の庭に使われる樹木。
公園の緑化樹としても用いられる。

材は白色で重く、緻密で粘り気があるため、
大工道具の柄などに用いられる。
木炭ざいとしても使われる。

一般的に出回っているムラサキシキブは
コムラサキを指すことが多い。

 

コメント