スイカズラの特徴と育て方

植物図鑑

スポンサードサーチ

スイカズラ( Lonicera japonica)

スイカズラの特徴

スイカズラの科名・属名

スイカズラ科スイカズラ属

 

スイカズラの和名由来

花に蜜があるため吸うと甘い為、
「吸い葛」から。
諸説あり。

 

スイカズラの学名由来

「Lonicera 」=ドイツの数学者Lonitzerから。
「japonica」=日本の の意。

 

スイカズラの別名

ニンドウ、アマチャ、スイバナ

 

スイカズラのその他分類

広葉樹・落葉樹・雌雄同株

 

スイカズラの分布

日本各地の山野

 

スイカズラの葉の特徴

葉は2.5~8㎝の長楕円形。
葉の付き方は対生。
縁は全縁で、葉先は尖る。
葉の表は緑色で裏は淡緑色。

 

スイカズラの花の特徴

枝先に筒状花が2個ずつ対になって付く。
花色は最初は白またはピンク色で
後に黄色になる。

 

スイカズラの実、種子の特徴

球形の果実が黒熟する。

 

スイカズラの樹皮、枝の特徴

つる性で樹皮は褐色。

 

 

スイカズラの育て方

スイカズラの適正環境

土壌潮害耐寒日照乾燥湿潤
壌土

 

スイカズラの暦と管理適期

101112
開花時期
果熟期
剪定適期
移植適期

 

スイカズラの管理方法

耐寒性に優れる樹種。
フェンスやトレリスなどに誘引して
生垣のように使うことが多い。
花後に伸びた蔓を除去する。

 

スイカズラの病虫害

・黄褐斑病
発病すると葉に褐色~暗褐色の斑点がでる。
後に病斑は拡大し、病斑の表面に
微小な黒点を形成する。
罹病葉は黄化し落葉する。
病葉や落葉は集めて処分する。

 

スイカズラの豆知識

花色がきれいな為、
庭木によく使われる樹木。

花を摘んで乾燥させたものを
「金銀花」といい、
関節痛や解熱、利尿に用いる。

葉を乾燥させたものは
「忍冬(にんどう)」といい、
腫物や口内炎、湿疹などに用いる。

 

コメント